ミニマリストの暮らし

モノが増えずに洗練されていく方法

こんにちは、ゆすけです。

いきなりですが、想像してみてください。

あなたのときめくモノだけに囲まれた楽しい生活を…

 

今回は自分の身の回りのモノをスッキリさせ、洗練されたときめくモノに囲まれた生活を実現させるために徹底している「1ジャンル1アイテム」のルールについて紹介していきます。

1ジャンル1アイテムのメリット

1ジャンル1アイテムのルールを徹底することでどんなメリットがあるのか?

メリット

🔵基本的に持ち物は増えない

🔵持ち物が洗練されていく

🔵ほぼすべてのモノに適応できる

 

モノを入れ替えることで基本的に持ち物が増えることはありません。

そして1番ときめくモノを選び、入れ替えを繰り返すことで

必然的にときめくモノが洗練されていきます。

 

また、ときめくモノだけに囲まれて生活することで

モノに対する不安やストレスが消え毎日の生活が楽しくなります。

 

例外もありますが人によってはほぼすべてのモノに適応できます。

1ジャンル1アイテムの実践方法

1ジャンル1アイテムとは

同じジャンルのアイテムは1つだけ残しほかのアイテムは手放す

というシンプルなルールです。

 

このルールの重要なポイントは

判断軸を作れるということです。

 

何か新しいモノが欲しくなったときに

「これが自分の持っているモノよりいいモノなのか?」

というふうに比較することができます。

 

そしてモノを入れ替えることになると、前に所持していたモノは手放すので強制的に真剣にモノ選びを考えることになります

大学生や社会人で適応できるモノ

リュックやパソコン、タブレット、ワックス、…など

様々な日用品でこのルールが適応できます。

 

モノマリストの持ち物はこちらを参考にしてみてください!

毎日をワクワクさせるEDCアイテム

モノマリストのリュックの中身

例外

人によってはジャンルを細くすることでルールを適応させることもできますが

私の場合、衣服については例外としています。

衣服を例外にしている理由は

オシャレしたい!!

という理由があるからです。

 

大学生の人や私服を着る機会が多い人でオシャレをしたい!という人は多いとおもいます。

そんな人が無理に衣服を減らしても毎日の生活が窮屈に感じてしまいストレスを抱えてしまいます。

なので、自分がどうしても減らすことのできないジャンルのモノは無理してこのルールを適応させることはありません

 

ときめく暮らしは自分の好きなことやしたいことの時間やお金をつくるために

実践しているので本末転倒になってしまいます。

本来の目的を忘れないようにしましょう!

最後に

1ジャンル1アイテムというルールは、私のモノ選びのルールの一番の基礎になっています。

一つ一つのアイテムをモノ選びのルールというふるいにかけときめくモノを洗練させていくことを意識しています。

 

少しでもよかったなと思ったら是非ほかの記事も読んでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。